2017/01/06更新

施設園芸の中で最も普及率が高いパイプハウス。
これまでも、これからも普及していくパイプハウス。
耐久年数が15年とも20年とも言われるパイプハウス。
今、このパイプハウスが近年の異常気象により倒壊が頻発している。
私達徳農種苗は、最も簡易で安価なこの施設に再度着目しました。
どうすれば強度が上がるか、しかも安く特別な技術を必要とせず建設
できるか。またその強度を数字で表す‘見える化‘が出来ないか。
そこで今回‘見える化‘の第一弾として奈良県の産官学連携協定事業
から生まれた【新構造ハウス】をご紹介します。






 
 
  順次ホームページにてアップしていきます。ご期待ください。
AED設置店

(C)徳農種苗 since 2017